<< どうせもらうなら愛がほしい。 | main | 距離が近づく音がきこえる >>

困った困った秋の夜

先週の金曜日、田中さんと一緒に帰りまして。
その途中で、田中さんが、
「さっき●●さん誘ったけど、断られちゃいましてー」
「あら、それは残念ですねー」
「そのあと、○○さんも誘ったんだけど、予定が入ってるらしくてー」
「ああ、そうですかあ」
「やっぱり金曜日はみんな予定が入ってますねえ」
「そうですねえ」

「………」

(え!これって誘っていいのかな!?)

「私でよければご一緒しますが」

ということで飲みにいきました。
誘うタイミングって難しい。こういう流れでもないと誘えないヘタレです。

なんだか、色々お話しました。
私信用されてるらしく、誰にも話してないんだけど…っていう話を色々してくれました。
お話していて、とても楽しかったです。
彼女、私をとても素直にさせてしまいます。
私も友達にも話さないようなこと話してしまった気がします。

「私まぼさんのこと嫌いじゃないよ。っていうか大好きだよ」
って言われてしまいました。
もちろん友達としてですけど、うれしいなあ。

なんだか下心持つのが悪い気がしてきました。

「わたし田中さんのいいところたくさん知ってますよ」
って言ったら
「泣きそうになるからやめてください」
って言われてしまいました。

彼女、とても不安定な人かもしれません。
とてもまじめで考えすぎてしまうところがあるようで、最近調子が悪そうです。
ほっとけない感じです。

困った。
そんなに好きになるつもりはないのに、けっこう彼女のことが好きになってきています。
困った。
とても面倒そうな人です。
困った。
どうやら彼氏ともうまくいってないらしい。
困った。
幸せになってほしいなあ。
困った。

私はどうも単純明快な人を好きにならないなあ。

彼女と付き合うこととかは想像できないし、望んでもいないけど、
彼女への思いは恋愛感情かもしれない。

at 02:15, まぼ, 女性

comments(0), -, - -

comment