<< とんでイスタンブブッール! | main | がさつな人は嫌いです >>

劇場のまわりはラブホテルだらけ

 最近読んだとある本の影響で、ドキュメンタリー映画に興味をもちまして。
まったく知らなかったんですが、どうやら、山形国際ドキュメンタリー映画祭というのが2年に一度行われているらしく、
今年は開催されない年なんですが、東京でもその作品を上映されていることを知り、
映画館に足を運んでみました。
私にはなかなか見られない行動力。
2本も見ちゃった。
ひとつはセルフドキュメンタリーで、いまいち面白さがわからなかったのですが、
引き続きしばらくは時々映画館に足を運んでみるつもりです。
なんてったって、普通の映画と違って劇場がすいているのが良いです。
時間がゆっくりと流れている気がします。


中学生のときには映画にはまりまくって毎週のように映画館に通っていましたが、
映画を1000円で見られなくなった頃から映画館にはほとんどいかなくなり。
それ以降は活字におぼれる日々だったのですが、映像(テレビでなくて劇場での)も面白そうだな!

小学生で活字に目覚め、中学で映画にはまり、社会人になりテレビの面白さに気づいたのですが、
今再び!劇場に通ってみようではないか!
とか大げさなこと言ってますが、いつまで続くことやら。本当に飽きやすいので。

あまり詳しく調べると、「調べただけで満足しちゃう症候群」に陥る可能性があるので、
とりあえずは軽い感じで流していきたいと思います。
私の知らないところでいろいろな映画を作ってる人がいたんだなあ(そりゃそうだ)、と知ることができただけでも収穫です。

at 02:21, まぼ, 普段の生活

comments(2), -, - -

comment
ミント, 2010/10/14 6:29 PM

>それ以降は活字におぼれる日々だったのですが

ここだけ読むと、すんごいインテリくさいんだけど。
エロ本だってこと、知ってるよ(・∀・)b
うん、みんなが知ってる。

まぼ, 2010/10/14 11:51 PM

ひどい!私のことそういう目で見てたのね!いやらしい!

なんで私がエロい女性の写真集を買おうかどうか迷ってることを知ってるんですか!

そして、私はエロいものは活字ではなくて映像で欲しいタイプですよ。もちろんアートとしてですがね!