<< それでも花に罪はない | main | Dをつくっているところです >>

使用済みの忘れ物

こんなのを見つけてしまったら、たまらん。
とりあえず一時間おきぐらいに匂いを嗅いでる。
どんな怖そうな人も美しいひとも、こんなちっさいのをねえ。
子どもは苦手だけど、こういうのはずるい。
ちなみに彼女の甥っ子の。


昨日、汚物入れの袋ってさ〜って言いながらトイレから出てきて歩いてたら、彼女のお母さんのコーヒーマシンのコンセントに足引っ掛けて、コーヒーぶちまけた。

とにかく謝った。
謝りながら、私ってなんて謝ってる姿が似合うんだろうと思って悲しくなって泣きそうになりましたとさ。

at 21:04, まぼ, 彼女との日々

comments(0), -, - -

comment