ついにそっちに行ってしまったのか

はてさて、久しぶりの更新なわけですが。
私は元気です。

言ったかもしれませんが、どうも昔に比べて、ここ数年男に間違えられることが多くなっている気がします。
髪の毛はむしろ伸びてるぐらいなので、顔とか匂いとか、立ち居振る舞いのせいなのでしょうか。
もしかしたら、男性ホルモンの分泌量が増加して、髭が濃くなってるとかなのでしょうか。
私は永遠の天使を目指しているので、男化するのは望んでいません。


そんな私に最近起こった衝撃をご紹介…

この間の話なんですけどね。
彼女と一緒に、温泉旅行にいったんです。
1泊目は安いところで、2泊目は少し贅沢にと思って宿を設定しました。
はっきり言って、1泊目はあまりよくありませんでした。
あのあまり美しくない女社長が経営してる、有名なホテルです。
アからはじまって、パで終わるところです。
安いのはわかってたので、サービスなんかも全然期待していなかったのですが、
ひどかったのが、お風呂ですよ。

温泉じゃないけど、大浴場みたいなのがついていたのです。
私は共同風呂が苦手なので、できれば貸し切りのお風呂がよいのですが、
安いホテルでそんな贅沢も言えないし、彼女の陰に隠れてればいいや、ぐらいの軽い気持ちだったんです。
でも、行ったら、もう、なんかもう、だめ。
全然だめ。
ほとんど仕切りもないような空間にはだかやら下着やら着た女性がうろうろしてて、
もう泣きそう。
でも、なんとか頭を真っ白にして、お風呂場に向かったら。
行列ができてるんです。
なんかすてきサービス待ちかと思ったら、ただの洗い場待ちでした。
洗い場が10個ぐらいしかなくて、それに対して人数が多すぎるんです。
裸の状態で、行列ですよ。
もう、羞恥心とか人間としての尊厳とか、そんなもの、ゴミくずほどの存在価値もないぐらいの場になり下がってるんですよ。
もう、無。
無になるしかない。

そんな感じで、もうノーセンキューです。
前ふりとは関係ない話ですけど、気にしないでください。


2泊目は気を取り直して、部屋に温泉ついてるタイプのにしました。
こちらは前ふりと関係のある話です。

優しげな仲居さんがお部屋に案内してくれて、
あらまあ素敵ねえなんて言いながら、座りました。
私は宿帳に記入して、「女」ということろに丸をつけた。はず。

仲居さんがお茶を入れてくれながら、いろんな案内をしてくれまして。
その後、ゆかたの説明のときに、
「サイズどれぐらいかしらねえ、あらあなた細いわねえ」
なんて言われて、いえそんなことないです〜なんて和やかに言ってたんですが、
そのあと、仲居さんが明らかに男性用のゆかたを…

……

あれ、私声出したよね?
それどころか、けっこう会話もしてた。
声出してもだめ?
対人用のちょっと高めの声だった気がするんだけど…


といろんなことがぐるぐると回ったんですが、
そこで仲居さんが気づいてくれて。

「あら! ごめんなさい!てっきり奥様と旦那様かと!」
って。

夫婦?
夫婦に見える?

もう、恰好も別に男っぽい恰好じゃなかったし、
髪の毛だって、耳は隠れてるぐらいの長さだし、
丸顔だし、
あごも割れてないし、
胸はないけど、乳首はあるし、
それでも誤解されるって、もう、どうしたらいいの…

おじさんおばさんにはなりたくないのに…

声出して、しばらく会話したのに間違えられたというのははじめてだったので、
ちょっと衝撃でした。

それとも、男に見られたい人かなってことで、私に気を使ってくれたんだろうか。
だとしたらけっこう高度だな…

at 20:04, まぼ, 彼女との日々

comments(0), -, - -

使用済みの忘れ物

こんなのを見つけてしまったら、たまらん。
とりあえず一時間おきぐらいに匂いを嗅いでる。
どんな怖そうな人も美しいひとも、こんなちっさいのをねえ。
子どもは苦手だけど、こういうのはずるい。
ちなみに彼女の甥っ子の。


昨日、汚物入れの袋ってさ〜って言いながらトイレから出てきて歩いてたら、彼女のお母さんのコーヒーマシンのコンセントに足引っ掛けて、コーヒーぶちまけた。

とにかく謝った。
謝りながら、私ってなんて謝ってる姿が似合うんだろうと思って悲しくなって泣きそうになりましたとさ。

at 21:04, まぼ, 彼女との日々

comments(0), -, - -

ちょっと違う角度からみてみると、あ〜ら不思議

私はいつもブログは移動中の携帯で書くか、会社で書くかどっちかのうんこ人間なわけですが。
最近は思いのほか仕事をちゃんとやってたせいで日記が書けませんでした。
なので、日々思うことはあったのですが、その場で書かないと忘れちゃうので、
忘れちゃったので、なかったことになりました。
仕事が一段落ついたので。
仕事してるふりとかするために日記を書きます。
本当にうんこだな私は。

2ヵ月ほど前に…
会社の後輩たちが、我が家の用事を済ませに来てくれました。
たのしかったです。
おわり


私があることで困っていたら、前日に後輩がじゃあ明日やってあげる、って言ってくれて
本当に次の日ほかの子2人つれてやってきた。
掃除する暇もなく。
とりあえずいいにおいがしそうなものはすべて部屋にふりかけてみた。
比較的洗面所キレイにしたのに誰も洗面所使わなかった。
台所の水道使ってた。
こら、そこは掃除してない。
結局、Wiiでマリオカートしまくって、ご飯食べて、カラオケ2時間半してしまった。

そこで気になったんですが。
私には彼氏がいることになってます。しかもほぼ一緒に暮らしてることも知ってる。
といっても私は「彼氏」がいるなんて一言も言ってませんけど。
「恋人」がいるとしか言ってません。
嘘はついてません。
あっちが勝手に勘違いしてるだけ。
私、ど〜しても「彼氏」がいるって言えないんです。
だから、「彼氏」がいるのかって訊かれると、はい「恋人」がいますってわざわざ自分で意味深にしてしまう。
黙ってればいいのに。
まあとにかく、後輩がうちに来るのが決まったときに、
色々隠すものがあったわけですよ。
靴とか化粧品関係とか。
うちには男物の靴がないから、男物の靴がないことがばれないように、
すべての靴を隠しました。
靴をまったく玄関には出しておかない主義、みたいな演出。
それと、Wiiに登録してあるアバターも、彼女のアバターを男みたいなのにしといた。
ほとんど髪型ぐらいしか変えてないけど。
それなりに頑張ったわけですよ。
彼女の痕跡を一生懸命隠すってのもなんだか悲しいですけども。
うん、悲しいな…。
でもまあ、伝えたい人と伝えないほうがいい人ってのがいますからね。

で、まあ後輩たちが帰った後に、ふと気づきました。

一度も「彼氏」の話が出てきてない。

今までご飯行ったり飲みに行ったりしてたときには私の恋人の話がけっこう出てきてたのに。
Wiiのアバターみても、何も言わなかったし、
最後まで私の恋人のこと言わなかった。
おかしい。
今までは色々きいてきたじゃないか!
なにか勘付いたんだろうか。
もしかして、恋人なんていないのに、見栄張ってる人、とか思われてたらどうしよう。
自意識過剰だよね。





3週間ほど前に…
彼女のお兄さんの子どもの運動会にいってきました。
私いったい何者。
別に彼女の家族にカミングアウトしてるわけではないので、
私は常に友達という立ち位置で行動してます。
友達の割にはよく遊びにくる。
週末の間ずっといる。
なんか知らないけどお兄さんの子どもをやけにかわいがる。
写真を数百枚単位でとりまくる。
なんかトイレでマンガとか読んでる。
庭に花植えちゃってる。
一緒にジンギスカンまで食べ始めた。
あげくのはてにお兄さんの子どもの運動会にまで参加してる。
ビニールシート座って弁当も食ってる。
父兄の綱引きにまで参加しようとしてる。

何者。

って感じですよね。
すでにこんなにしてもらってるのに、お兄さんから牛タンの塊までいただいちゃいました!
しかもクール宅急便で!クール!
私!ただの珍入者なのに!


そうそう、運動会に参加したときの話。
都会の運動場ってとっても狭いのね。
うちの田舎の運動場なんて3倍はあったもんね。
2倍かな。
そこでいろんな姿形のちびっこたちを眺め。
EXILEの曲にあわせて奇妙な動きをする小学生たちを暖かい目で見守り。
カメラ嫌いな甥っ子(彼女の)にカメラ(彼女と私の)を向け続け、舐めるように写真をとり。

満足して家(彼女の)に帰ったら、しばらくしてお兄さん(彼女の)とお姉さん(彼女の)が帰ってきて。
「これ、まーちゃん(わたしのこと)の帽子じゃない?忘れてたから持って来たよ」
と。
「ありゃいかん!ありがとうございま〜す」
つって見たら、私の帽子じゃない。
ふにゃふにゃした布でできてるってのは一緒だけど、
私のはグレーで、お姉さんが持って帰ってきてくれたのは黒。
形もちょっと違う。リボン風なものもついてる。

でも、たしかに私の帽子もないから、きっと誰かが私の帽子間違えて持ってちゃったんだ!
と思い、お姉さんが持って帰ってきた帽子と交換しなきゃ!と思い、
彼女と一緒に慌てて小学校に戻りました。
裏門はセキュリティ的にアレらしくて閉じられていたので、
よじのぼってしのび込みました。
んで、帽子を探したのだけど、ない、ない、どこにもない。
自分の帽子はあきらめて、でもその持ち主不明の帽子持って帰るわけにもいかないから、
落し物ボックスにでも入れていこうとおもい、
落し物ボックスを探したのだけど、ないない、どこにもない。
なので、しょうがないから帰ろうとしたときに、
私がまた帽子を見てたんですよ。
そうしたら、その帽子私が持ってたやつと同じブランドだったのです。
「だからその人間違えたんだ〜」
つっぶつぶつ言ってたら、彼女が突然
「ちょっと帽子かして」
と。

彼女に帽子渡したら、突然帽子をひっくり返したのです。
リバーシブルのやつみたいに。

そしたら、私の帽子が現れたのです!

彼女が魔法使ったのかと思いました。

私が天使なら彼女は魔法使いだと、そう思ったね、うんうん。


帽子、ただひっくり返ってただけだった。
ずっと自分の帽子持って走り回ってた。
持ち主いるはずない。

彼女のお母さんに、帽子が見つかったこと、
というか、最初からなくなってなどいなかったことを伝えたら、
「よく今まで無事に生きてきたね…」
というお褒めの言葉をいただきました!
やったね!
娘さんのことはまかせてくださいお母さん!
わたし、やったるで!

at 00:01, まぼ, 彼女との日々

comments(0), -, - -

中身は東京23区のどこかに

よく私の部屋に落ちてる抜け殻。
これがデフォルトで、時々膨らんだり飛んだりします。

at 21:42, まぼ, 彼女との日々

comments(0), -, - -

慣れてないことはしないほうがいい

彼女と私は、誕生日は毎年サプライズで行おう
という風に決めてます。
というか、私が特に何も考えていなかったら、決めてくれました。
ほら、私ってそういうことなーんもしたことないから、そこまで考えがおよばないわけです。
付き合ってるだけで大満足だったのに、
なにそのすてきなもの!

誕生日っていうのは、妹とさみしく過ごすか、
おばあちゃんちに行って、誕生日プレゼントに煎餅つめあわせもらって帰ってくるか、
すべてを忘れて、普通に教習所いってるか、
友達とぱあっと飲んで食って過ごすか、
ってのが当たり前だったから、
「恋人と誕生日」ってだけで、枕濡らせる感じだったの。
「恋人と誕生日」+「サプライズ」=妖精と天使の舞踏会
ぐらいな未知さですよ。
あまりにも未知すぎて、そんなとこに足突っ込んだら交通事故に遭うんじゃないかってぐらい。
こんなこと書いてる自分に泣けてくる、ほんとに。

とにかくね、これからの「誕生日」というイベントはそのように素敵に過ごすことを決めたわけです。
そりゃあ気合いも入りますわね。

さらにね私、何が感動したってね、
自分の誕生日に好きな人と過ごせるってのももちろんなんだけど、
好きな人の誕生日に、その人と私の二人っきりで過ごせるってことに感動したんです。
だって、私の誕生日ってのは彼女にとっては別に普通の日。
でも彼女の誕生日は彼女にとってはとっても特別な日なわけで。
そんな、彼女にとって、とっても大切な日を私と過ごしたいって思ってくれるわけですよ。
強く思ってるかどうかは別として、まあ、許可を得たわけです。
最初は「ほんとにいいの?ほんとにいいの?他に友達とか呼ばなくていいの?私と二人でいいの?」
って思ってました。
どんだけ幸せ慣れしてないんだってね。


とにかく。
去年の彼女の誕生日は、数ヶ月前から調査をはじめました。
でもサプライズつっても何も思いつかない。
友達に聞き取り調査しても、教えてgoo!を熟読しても、何も思いつかない。
しかも梅雨の時期だから、アウトドア系が計画できないわけです。

考えた挙句、最初はスタンダードにすることにしました。
私は普通に過ごせるだけで幸せだったし。
彼女の誕生日だっつってんのに自分勝手な私。

イブの夜はちょっぴり奮発ディナーを食べて、
誕生日当日はぷるぷるしながらドライブにいきました。
久しぶりの運転だから、まったく余裕がなくて、ずっとぷるぷるしてた。
ぷるぷるしすぎて、ボートに乗ったけど全然こげず。
でもまあその年はぷるぷるは別として、楽しく過ごせました。

んで今年。
それを超えるものにしたい。
でも、やっぱり思いつかない。

そういえば温泉行きたいって言ってたよな?
よし!温泉だ!
と思って、仕事中に温泉探しまくり。
もう、じゃらん、ずっとじゃらん。
くびになるといいんだと思う。
でも探しても探しても見つからなくて。
どこもかしこも満室。
畳の上にベッド置いてるとこなんて嫌だし。

よし!今は口コミの時代だし、
ネットだと情報あふれすぎてて逆に探せないから、人に聞くのが一番!
ということで、お友達にメールできくことに。

「○○さん(友達ね)こんにちは〜突然ですみませんが、おすすめの温泉旅館ってありますか?
○○(彼女ね)ちゃんの誕生日プランの一つとして温泉を秘密裏に計画してるのですが、なかなかよ
いとこがなくて…●●(地名ね)でもよいかな〜と思って色々みてるんですが難しくて。金欠なので
実現するかわかりませんが、おすすめがあったら教えてもらえるとうれしいです!」

ふう、これでばっちりと思っていたら、
すぐに返信が。
あらはやい!

と思ったら、彼女からでした。

ん?なにかな?と思ってメールを開くと、
「○○さんじゃないよ、私だよ…」
と書いてあります。
はて?なんのこと?としばらく考えてたんですが、
はた!と送信ボックスを見ると、
あて先が思いっきり彼女になってた。
その瞬間、たぶん顔が3倍ぐらいに膨張した。



あ…

あ……



もう、ほんとに泣きたかった。
私誤送信なんてしたことなかったのに。
こんな肝心なときに間違えるなんて。
ばかっばかっばかっ。



ということで、現在違う案を考え中。

at 20:30, まぼ, 彼女との日々

comments(2), -, - -