地震 その後

 随分とさぼってしまいました。

彼女の家族は全員無事でした。
ずっと連絡がとれなくて、もう心配で心配で仕方なかったんですが、無事だということが判明し、なぜか彼女ではなく私の妹が泣いていました。


地震が起こってから、私も彼女も私の妹も会社にはいかず、
自宅待機してました。
で、2日後には実家に帰りました。疎開。
どうせ東京にいてもすることないし、なかなかこんな機会もないしってことで。
彼女を1人にするのは心配だったので、無理やり実家にも連れ帰ってしまいました。

彼女とうちの両親、初対面です!
会社の人ってことで紹介しましたよ、もちろん。
毎日いろんなところに遊びにいってました。テレビの前にいても気が滅入ってしまうから。
私は免許があるのに運転ができないというなんともかんともな人間なので、
彼女、母、妹、私という4人で行動していました。

でも実家に帰って、何晩目かの夜。
私はソファーで寝てしまって。
っは!と起きたら夜中の4時になっていました。
なんで誰も起こしてくれないの!とプンスカしていたら、
彼女とうちの母親が話し込んでいました。

え!なにあれ!
なんで彼女体育座りしてるの!いじめられてる!?
と一瞬動揺しました。

あとで彼女にきいたら、私のことを色々聞かれたらしいです。
つまり、あのこと。
「まぼは、女の子が好きなんじゃないかと思ってるのよ」って。
ちょっとお母さん!
一応会社の人って言って連れてきてるんだから、そういうこと聞くのやめてよ!
たまたま彼女だからよかったけど(いいのかな)、本当にただの会社の同僚だったとしたらすごい気まずくなるじゃん!


うちの母は彼女のことをとても気に入ったみたいです。
彼女が東京に戻ってきてから、すぐにお礼状みたいなものを出したのです。
その内容に母はとても感動したらしく、読んで泣いてしまったと。
そしてそれを宝物にして持ち歩いてるって。
私の手紙を持ち歩いてることなんてないのに!

彼女のメールアドレス教えてって言われて、彼女がいいよというから教えたら(嫌だなんていえないよな)
なんか時々メールしてるみたいです。メル友なんだろうか。
まあ、気に入ってもらえたならいいんだけど…

なんだか不思議な感じになってるけど、まあいっか。

at 01:48, まぼ, 普段の生活

comments(2), -, - -

春なのか

 

あけましておめでとうございます。
もうすぐ2月になっちゃう。

昨年末はいろいろあったなあ。
主に田中さんとですが。
恋におちたり
告白させられたり
押し倒してしまったり
一緒に旅行に行ったり
喧嘩をしたり

現在田中さんとはとてもよい関係です。
正直付き合っているのと変わらない状態です。
一緒にいてお互いとても安心するし、楽しくて離れがたい、そんな関係です。

田中さんは彼氏と別の家に住むために、引越し準備中です。
私が一緒に不動産屋をまわって、家を決めました。
場所は私と同じ駅です。
べ、別に仕組んだわけじゃなくて、たまたまいい物件がうちから近かっただけです。
うちからたぶん徒歩10分強。

彼女は私よりも5つほど年上なのですが、なんだかそんな感じがまったくしません。
とても私に甘えてきてくれます。
私はどっちかというと自分のほうが甘ったれな感じだと思っていたのですが、
彼女と一緒にいると私のほうが甘えられてるのです。
びっくり。
もちろん私が甘えるときもあるし、甘えるときは全力で甘えますが。

彼女は頭がよくてとてもまじめな人なのですが、どこか無防備なところもあるのです。
その無防備さが愛しいときもあれば、心配なときもあります。

彼女と幸せになれたらいいなあ。

at 03:19, まぼ, 普段の生活

comments(0), -, - -

ひどい辱めを受けました。

所用で実家に帰ってきてるんですが、まるでお父さんみたいな扱いです。
ゴロゴロしてると邪魔にされます。

とりあえず家族で一緒に車で出かけたんですが、
私は寝てしまい。
は!っと起きたらどこか知らない場所に、そして車にひとり。
置いてけぼりにされた!
ちょっとトイレに行こうと思って車を降りようとしたら、
車に泥棒認定されて、駐車場にものすごい音が響き渡りました。

at 20:37, まぼ, 普段の生活

comments(0), -, - -

劇場のまわりはラブホテルだらけ

 最近読んだとある本の影響で、ドキュメンタリー映画に興味をもちまして。
まったく知らなかったんですが、どうやら、山形国際ドキュメンタリー映画祭というのが2年に一度行われているらしく、
今年は開催されない年なんですが、東京でもその作品を上映されていることを知り、
映画館に足を運んでみました。
私にはなかなか見られない行動力。
2本も見ちゃった。
ひとつはセルフドキュメンタリーで、いまいち面白さがわからなかったのですが、
引き続きしばらくは時々映画館に足を運んでみるつもりです。
なんてったって、普通の映画と違って劇場がすいているのが良いです。
時間がゆっくりと流れている気がします。


中学生のときには映画にはまりまくって毎週のように映画館に通っていましたが、
映画を1000円で見られなくなった頃から映画館にはほとんどいかなくなり。
それ以降は活字におぼれる日々だったのですが、映像(テレビでなくて劇場での)も面白そうだな!

小学生で活字に目覚め、中学で映画にはまり、社会人になりテレビの面白さに気づいたのですが、
今再び!劇場に通ってみようではないか!
とか大げさなこと言ってますが、いつまで続くことやら。本当に飽きやすいので。

あまり詳しく調べると、「調べただけで満足しちゃう症候群」に陥る可能性があるので、
とりあえずは軽い感じで流していきたいと思います。
私の知らないところでいろいろな映画を作ってる人がいたんだなあ(そりゃそうだ)、と知ることができただけでも収穫です。

at 02:21, まぼ, 普段の生活

comments(2), -, - -

とんでイスタンブブッール!

わたくし、最近ずっと前髪を右側に流していまして。
だから、どうせ右眉は見えないだろうとおもって、右眉の手入れをしてませんでした。
完全放置。ノータッチ。
だからといって左眉に気合を入れてるかというとそうでもないんですけどね。
そもそも鏡をあまり見ないですし。

でも、唯一美容院にいくときだけは、一応エチケットとして右眉も軽く手入れしていくのです。
でこが丸見えになるから、相手に悪いかなって。
でも先日美容院いったときには、右眉の存在自体を完全に忘れていまして。
私の特技「見てるようで何も見ていない」です。
道歩いてても何も見ていない(ので道を覚えない、迷子になる)、
人の顔見てるようで見ていない(ので、誰と話していたかわからない、顔の特徴が把握できない)
目では見ているのですが、おそらくその神経情報が脳に到達する前に迷子になってるんだと思います。
ゆえに、完全に右眉を見落としてました。

ということを先ほど気づきました。
もう数日経ってました。

at 00:07, まぼ, 普段の生活

comments(0), -, - -

プップルプー

上の階の人が水漏れおこしちゃってさ〜もうねえ大変だったよ〜

まあでもリビングがびしょびしょになって火災報知器が誤作動起こしたぐらいで、たいしたことないんですけど、壁紙張り替えたり天井張り替えたりするのがちょいと面倒だよね。

と思ったけど張り替えたのは職人のお兄さんで、私は寝てただけでした。
米倉涼子さんのオナラ事件のことを一生懸命調べてたらうとうとしちゃったんです。
私って心底くだらない人間だと思いますが、調べたことを後悔してないもんね。
私は!いま!生きている!

はあ…たまにはまじめな事書きたいです。

at 01:42, まぼ, 普段の生活

comments(0), -, - -

旅の思い出

SN3K02160001.jpg
あと変な風に焼けた腕ね。
今はブレスレットいらずの状態です。

SN3K021900010001.jpg
それとメキシコとアメリカの国境に立ってるとこです。
はしゃいでますね(o‘ ε‘o)

SN3K022600010001.jpg
メキシコさん。

at 23:29, まぼ, 普段の生活

comments(4), -, - -

いや、天パだけどさ

かけてたパーマがほとんどとれたので、かけにいきました。
そしたら会社で色んな人に「パーマかけた?」って。
いや、今までもかけてたんだけど…
そう言ったら、えっ!って驚かれた。寝癖かなんかだと思われてたらしいです。


ということで、明日から一週間弱アメリカに旅行いってきまーす。

at 22:09, まぼ, 普段の生活

comments(2), -, - -

ミステリーゾーン

昨日の夜は風が強かったので、シャンデリアのある我が家は窓がガタガタして、しかも暑いからふぅふぅ言いながら夜中に窓を開けたら部屋中が揺れて、ドアまでガタガタ言うから仕方なしに、遥か彼方にある部屋のドアを開けるために起き上がりました。
故に、今日は昼間眠くて眠くて。
あまり私の存在が重要でない打ち合わせをしていたら、猛烈な睡魔に襲われまして。
ペンで手をつついても、お茶を飲んでも何しても眠くて。
対面だったので死んでも寝たらいかんと思いつつ、ぐらんぐらんしていたら、目の前にあるものが見えました。

ふ、太もも!

前に座っていた女性が、少し足を開いていたのです。
あのねえ。何しても覚めなかった私の目覚めたよね。
私本当はだらしないのが嫌なのでこういうのは好きじゃないんです。どちらかというと萎えます。
なのに、なぜか目覚めた。
まさか!まさか違うと思って見ないようにしてました。

そしたらまたしばらくしたらうとうとしまして。
ものは試しと思ってもう一回太ももチャレンジしたら、やっぱり瞬殺でした。
情けない。
とかいいつつ、今度は足組んだから外側の太ももまで見えて、うとうとしてる暇ゼロ。
五回ぐらいウトウト→パッチリを繰り返して確信した。

私太ももに反応してる…!
情けない。

そして何が情けないって、その女性全然好みじゃないでやんの…。

at 01:04, まぼ, 普段の生活

comments(2), -, - -

髪の毛サラサラしてるだけで好きになれる

まったく自分に関心がないとわかっていても、かわいいものはかわいいね。

今日はかわいい女性と会えて大満足です。でもやっぱり私は仕事関係でかわいい女性がいると仕事の方が浮わついてだめだわあ。
無駄に笑わせようとしてしまったりしていかん。ただのカッコ悪いヘラヘラした人という認識をされてそうだ。

ところで、昨日電車に乗っていたら、変なことがありました。
私扉の横の空間に立つのが好きなので、いつものようにそこに立っていました。
そして駅に止まり、人が降りていきまして。降りた人が次々と電車の横を通りすぎていきました。
別になんてことない景色なので、ぼうっとそれを眺めてましたら、(たぶん)女性が一人、私が立ってた付近の横を歩いてまして、扉が閉まるところでした。
扉が半分ぐらい閉まろうとしたところで、女性の手から何かが飛び出しました。
その何かは電車の中に、私の足の上にポトリと落ちた。
閉まる扉。

えっ…!

一瞬本気で手榴弾かと思って、終わった…!(私の人生)

でも、もちろん手榴弾ではなくて。

脱ぎたての靴下でした…
なんで…?

at 01:40, まぼ, 普段の生活

comments(0), -, - -